CELSYSのComicStudioをはじめとしたデジタル漫画のネタを中心に…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【CLIP】ComicStudioで使えるフリー素材【その1】

セルシスさんは、今はCLIPとCLIPSTUDIOの開発と普及に力を入れているようです。

この更新が停滞しているブログでは今のところIllustStudioについては触れていませんが、それはひとえに自分がまだ十分使いこなしていないという理由があります。
機能の改善もこまめに行われている様なので、そろそろIllustStudioも攻めてみたいと思ってはいますが、このブログはComicStudioブログでもあるので、まずはそちらの方を重点的に…

まず「CLIP」って何ぞや、って処から簡単に…

公式サイトはこちら→http://www.clip-studio.com/

サイトの説明には以下の様に記載されています。

CLIPとは
クリエイターの皆様の創作活動を支援するクリエイターサポートプラットフォーム「CLIP」
「CLIP」はセルシス各製品のユーザー様はもちろん、
あらゆるクリエイターの皆様にご活用いただけるサービスです。


漠然としていますが、どういうサービスが提供されているのかを見れば大体把握できます。

【ツールサービス】
セルシスの三つのメインアプリケーションの「体験版」「アップデータ」「マニュアル」などのダウンロードサービス
三つのメインアプリケーションは言わずもがな以下の三つです。

IllustStudio
ComicStudio
RETAS STUDIO


【マテリアルサービス】
判りやすく言うと「素材」のダウンロードサービスです。
2009/09/29から「サービス公開」になりました!
ComicStudioの「素材共有」からこちらに切り替えたいという意向なんでしょうか?

【リリースサービス】
イラストやマンガの作品を簡単に公開できるサービスです。
現在モニターテスト中。
ComicStudioのネットワーク機能「作品アップロードNetService」の延長線上と言ってもいいかもしれませんが、同じく切り替えとなるのかもしれません。

【プリントサービス】
セブンイレブンの店頭にある複合機からプリント出力できるサービスです。
ComicStudioの「コンビニプリント」機能と基本的には同じですが、ComicStudioデータをプリントする場合は一度書き出しをしなきゃいけないので、ちょっと手順が増える感じです。
元々は富士ゼロックスが提供している「ネットプリント」というサービスを利用したものなので、ComicStudioやCLIP経由でなくても使うことが出来ます。
参考サイト→富士ゼロックス ネットプリント http://www.printing.ne.jp/

【コラボサービス】
クリエイター同士で、作品や素材などのファイルをやり取りできるサービスです。
いわゆるファイル転送サービスなんですが、アプリケーションから直接出来るわけじゃないので、世に出回っているファイル転送サービスとの違いは「パートナー」という形で相互にデータをやり取りできるという点でしょうか。
ComicStudioに「データ送受信」というサービスがありますが、このサービスが圧倒的に強力だと思っているので、正直CLIPのコラボサービスに移行されて、「データ送受信」サービスがなくなるのは大反対です。
「データ送受信」のサービスの利便性については、近いうちに説明したいと思います。


ちなみに、「CLIP」はWebサイトを経由したサービスで「CLIPSTUDIO」はアプリケーションによるサービスと分類されているようです。
以下は「CLIPSTUIO」のメインメニュー
CLIP01.jpg


ComicStudioのネットワークサービスで提供されていたものが、CLIPに移行しつつあるという印象です。ComicStudioのネットワークサービスは、アプリケーション内からアクセスできるからこそとも言える利便性がアドバンテージでした。それゆえに強力で魅力的な機能だったはずです。
しかし残念ながら使い勝手の面で改善してほしいところは多々あり、あまり積極的に活用している人はいなかったようにも感じます。

セルシスさんの意図としては、それらの総合的な改善処置を、総合的なサービス「CLIP」に移行することによって実現しようという意図なのかもしれません。
しかし、アプリケーションと切り離すことによるデメリットは、かなり大きいと私は思っています。

…ですが、CLIPがどのようなサービスに発展していくのかは、今後の推移を見守りつつ、ユーザーが育てていけばいいんだろうと思います。


さて、注目したいのは【マテリアルサービス】です。
自由に使えるたくさんの素材・トーン・ブラシなどなどがどどんとアップロードされました!!
マテリアル01

私も早速いくつかダウンロードしてみましたが、結構汎用性が高い素材が用意されているので、「使用ツール」が「IllustStudio」になっていても、ComicStudioで使えるものがたくさんあります。

また逆に「ComicStudio」対応のものでもIllustStudioで使用可能なものもあります。
それらの見極めは、実際にダウンロードしてやってみるしかないところもありますが、「タグ」が付いているのである程度推測できます。

導入の方法は、初心者にとっては、ちょっと手間がかかるので悩むかもしれませんが、PCをある程度使いこなしている人なら割と簡単です。慣れれば簡単に出来るでしょう。
同梱のテキストファイルに方法が記載されていますので、まずは何か一つ二つダウンロードして試してみてください。

続きはまた後日!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。