CELSYSのComicStudioをはじめとしたデジタル漫画のネタを中心に…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【CLIP】トーン4点UPしました。ボツトーン1つと今更Tips一つ。

CLIPにトーン素材を4点UPしました。
なんだかスイッチ入ってしまって…(笑)よろしければダウンロードしてください(^^)

●集中線大
【集中線大01】-サムネ【集中線大01】
程よく密集した集中線です。
元画像は5258pixel四方で「折り返し」して360度の集中線にしています。


【集中線大02】-サムネ【集中線大02】
かなり密集していますが、ベタフラの様に見えて完全なベタにはなっていません。
元画像は5258pixel四方で「折り返し」して360度の集中線にしています。


【集中線大03】-サムネ【集中線大03】
ほぼベタフラですが、完全なベタにはなっていません。
元画像は5258pixel四方で「折り返し」して360度の集中線にしています。


【集中線大04】-サムネ【集中線大04】
100%とは言えませんが、一応ベタフラです。
元画像は5258pixel四方で「折り返し」して360度の集中線にしています。



今回もCLIPにUPできなかった(UPしなかった…)ボツトーン素材を一点こちらで提供いたします。
手持ちのグレースケールの集中線系のトーンに、大きなサイズで使えるタイプのものがなかったので、それならいっそ大きな集中線を作ってみようと思い、集中流線や曲流線を制作する時に作った基本流線を加工して作ってみました。

集中線の元画像はPhotoshopを使って作ります。
結構有名なTipsなので、ここで書いても今更感がありますが、まだご存知でない方のために、簡単にPhotoshopでの作業手順を説明します。

【1】スピード線(流線)の作成

元画像は下のような流線です。
この流線の一本一本は、通常のブラシで描いた直線です。
ブラシパネルを開き、「シェイプ」の「サイズ」の「コントロール」を「フェード」にすることで、綺麗なヌキが描けます。
複数の直線を描画した後、レイヤーを複製して移動・変形させました。
この作業は割りと手動作業です(^_^;)

ベースになった流線

「スピード線(流線)」の作り方は、実にたくさんのTipsがあります。
「グラデーション」+「波形」で作る方法や、「ノイズ」+「変形」で作る方法や……
興味のある人は「Photoshop スピード線 作り方」などでぐぐってみてください(^^)

【2】極座標フィルタで変形する

極座標
このレイヤーを「フィルタ」→「変形」→「極座標」で変形すると、集中線になります。
「極座標フィルタ」では「直交座標を極座標に」にチェックを入れておきます。
この言葉の意味は説明すると数学のお話になっちゃうのでやめておきます。上手く説明できる自信がないです(^_^;)。

ぶっちゃけPhotoshopでは「上辺を画像の中央に集約して、下辺を画像の中央を中心とした同心円上に配置する」変形だと思ってくださいませ。(余計分かりにくい…ですね)

【3】保存したファイルをコミスタで読み込んでトーン化する

Photoshopファイルを画像統合して保存し、コミスタで読み込んでトーン化します。
先のエントリー「【素材作成】オリジナルトーンの登録方法」で書いた通りの手順ですのでご参照ください。


画像でかいそんな感じで作ってみたものの、グレースケールで7559pixel四方というでかいサイズの画像だけあって、ファイルサイズがそれなりに大きくなってしまいました。
BMP形式で54MBでした。まぁBMPはファイルサイズが大きめになっちゃうんですけど…
でも、実際にコミスタに読み込んでトーン化して書き出しをしてみたら、かなり小さくなりました。トーンファイルはわずか12.5MBです。それでも残念ながらCLIPの容量制限はオーバーしていました。

元画像のサイズをもう少し小さくすれば、おそらく10MB以下にできたと思いますが、この素材をCLIPにアップすることはやめました。
何故なら、網トーン化した時の結果がイマイチだったからです。

線が細くて間隔が開き気味のグレースケールの集中線は、網分解することによって不規則に点が散りばめられたかのような効果となり、あまり実用的な気がしなかったのです。

荒いトーン

あまり役立つとは思いませんが、一応置いておきます。
トーン設定を砂目にするとか、グレースケールで使うとかなら用途があるかもしれません。

【集中線B4_01】 syuchu_b401.zip

この素材の著作権に関しては、CLIPにアップロードしている素材と同様です。
[素材をさがすサービス利用規約]

トーンづくりは結構楽しいですよ。
思った通りのパターンが作れると結構うれしいです(^^)

ぜひチャレンジして、いい感じのトーンができたらCLIPで発表してみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://negucomic.blog66.fc2.com/tb.php/96-e692d217
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。