CELSYSのComicStudioをはじめとしたデジタル漫画のネタを中心に…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【4.5.0】改良内容レビュー【その1】

それでは早速【改良内容】を確認してみたいと思います。
バグフィックスは検証するのが大変なので省略します。

機能の確認を行いつつ記事を書いていたら思ったより長くなってきたので、何回かに分けてUPします。
このエントリーでは以下の機能について説明しています。

●[筆圧検知レベルの調整]機能実装
●[各パネルのテキスト入力時にIMEの自動切り替えを行う]チェックボックスの追加
●画像書き出し・印刷時に[トーン設定]⇒[すべてモノクロの網点で出力]機能追加
●[作品]メニューからページ内容が消去される動作の確認ダイアログで、バックアップに関する説明文追加
●[定規]メニューに[定規から選択範囲の作成]コマンド追加
●[定規]メニューに[垂直ガイドの作成]・[水平ガイドの作成]・[ガイドのクリア]追加

追記(2010/01/10)
ひとつのエントリー記事がかなり長いため、トップから入ったときに表示が重くなりそうなので、表示を分割しました。


■目次■

●[筆圧検知レベルの調整]機能実装
●[各パネルのテキスト入力時にIMEの自動切り替えを行う]チェックボックスの追加
●画像書き出し・印刷時に[トーン設定]⇒[すべてモノクロの網点で出力]機能追加
●[作品]メニューからページ内容が消去される動作の確認ダイアログで、バックアップに関する説明文追加
●[定規]メニューに[定規から選択範囲の作成]コマンド追加
●[定規]メニューに[垂直ガイドの作成]・[水平ガイドの作成]・[ガイドのクリア]追加

目玉っぽい「ツールシフト」は次のエントリーで説明します。

では行ってみましょう!

●[筆圧検知レベルの調整]機能実装

これは、Painterユーザーの方なら、「ブラシトラッキング」の様な機能と言えばわかるでしょうか?
ペンタブレットの筆圧検知レベルを、使う人の癖にあわせて調整してくれる機能です。

[ファイル]⇒[カスタマイズ]⇒[筆圧検知レベルの調整]「筆圧検知レベルの調整」ウインドウが開きます。

4.5.0アップデート・筆圧検知調整コマンド

あ、何もページを開いていない状態だと選べませんので、既存のページを開くか適当に新規作製でページを作ってからやってみてください。

4.5.0アップデート・筆圧検知調整

(1)「調整を行う」を選びページ上でいつも描画するような感覚でストロークします。

「複数のストロークから調整を行う」を選んでおいた方が、より平均的な調整結果が得られそうですが、これは個人差があるでしょう。

(2)カーブが変わったら「調整結果を試す」に切り替えて、また描いて見ます。

(3)問題がなければ「OK」を押して完了です。

注意が必要なのは、この調整をすることによって筆圧検知の感覚が大きく変わってしまう可能性がある点です。もしかしたらせっかく細かくチューニングしてやっと自分のものになったペンタッチが狂ってしまう危険性もあります。
途中からタッチが変わると困るので、一本の作品を描いている途中ではやらない方がいいでしょう。
また、ストロークは適当に行うのではなく、実際に描画する様な感覚でやった方がいいかもしれません。私は既存のページを開いてなぞる感じでやってみました。

4.5.0アップデート・筆圧検知調整画面

しかしペンのサイズを自由に選んでタッチを調整出来るわけではないので、思ったとおりの感じでできたようには感じられません。
何度かやってみて感覚をつかむ必要がありそうです。

[機能リストへ戻る]

●[各パネルのテキスト入力時にIMEの自動切り替えを行う]チェックボックスの追加

4.5.0アップデート・IME制御環境設定

ComicStudioでレイヤー名を日本語入力したあとに、半角文字で行うショートカットが効かなくなって困ることがあります。この機能の実装のおかげで、どうやらその問題点を解消してくれそうな感じです。
まだ少ししか触っていないので確証は持てませんが、レイヤー名やアクション名などの入力時には自動的に日本語IMEに切り替わってくれます。そして入力が完了したら半角の直接入力に戻ってくれています。

ショートカットが効かなくなったと思ったら、画面の左上に全角文字が表示されているというさりげに鬱陶しい状態が解消されたかな?
もし本当にそうなら、ありがたいんですが…


[機能リストへ戻る]

●画像書き出し・印刷時に[トーン設定]⇒[すべてモノクロの網点で出力]機能追加

4.5.0アップデート・出力設定(すべてモノクロ網点)

色深度がグレースケール・カラーの時に、仕上げの「トーン設定」の出力設定に「すべてモノクロの網点で出力」が追加されました。

今までグレーレイヤーと二階調網点のトーンレイヤーが混在したデータを、そのまま書き出すことができるようになりました。懸念されていた問題のひとつが解消されました。

摩耶さんが「コミスタのコネタ」で詳しく対処法を書かれていらっしゃいましたが、やっと改善されたというわけです。
もちろん「新版:コミスタver.4作業手順」にも詳しく書かれています!

でも未だにトーンレイヤーの網点が、画面上の表示でアンチエイリアスがかかった状態なのは何とかして欲しい。グラデーショントーンと座標を合わせたりするときに困るんですよね… 

4.5.0アップデート・グレーと網点
ちゃんと表示が二階調になるようにしてほしいんですけど…

[機能リストへ戻る]

●[作品]メニューからページ内容が消去される動作の確認ダイアログで、バックアップに関する説明文追加

4.5.0アップデート・消去時のアラート

スクリーンショットのような表示が出ます。素材パレットへの登録やその保存先などの説明が出ます。

既にバックアップの機能やその場所をちゃんとわかっている人に取っては重要なアラートじゃないかもしれませんが、この機会に確認しておくといいかもしれません。

[機能リストへ戻る]

●[定規]メニューに[定規から選択範囲の作成]コマンド追加

[定規]⇒[定規から選択範囲の作成]が追加されました。

4.5.0アップデート・定規から選択範囲コマンド

そういえば、定規で閉じられたエリアを塗りつぶしするという機能はありませんでした。選択範囲を作成し、そこを塗りつぶす…という使い方も出来そうです。
([矩形][楕円][折れ線]ツールで、[内部を塗りつぶし]のオプションはありますが…)


ちなみに、コンテキストメニューにも追加されています。
4.5.0アップデート・定規から選択範囲

[機能リストへ戻る]

● [定規]メニューに[垂直ガイドの作成]・[水平ガイドの作成]・[ガイドのクリア]追加

4.5.0アップデート・ガイド関係メニュー

なお、定規選択ツールで特定のガイドを選択していると、そのガイドだけをクリア(消去)することが出来ます。

4.5.0アップデート・ガイド消去の別の方法

実は、コンテキストメニューから「選択中のポイントを削除」でも特定のガイドだけを消すことが出来るんですけどね…

[機能リストへ戻る]


次のエントリーでは「ツールシフト」や「パース定規」の機能UPについて書きますね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://negucomic.blog66.fc2.com/tb.php/71-5db5f3c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。