CELSYSのComicStudioをはじめとしたデジタル漫画のネタを中心に…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アクション】登録しすぎても困るかも…?!

アクションの整理_UPComicStudioEXの最大のメリットの一つは「アクション」です。

アクションといえばPhotoshopの同機能が有名です。
Photoshopのアクションは恐ろしく強力で、それを使ってゼロから絵を描くことさえ可能です。

それに対して、ComicStudioのアクションはそれほどではありません。
なにしろ記録できない項目もある上に、場合によっては予期せぬ結果を生むこともあります。
(その予期せぬ結果については、また折を見て…)

しかし、それほど複雑なことを覚えさせる機会は案外少ないものです。どちらかというと、数段階のメニュー選択が必要になる簡単な「定番作業」を登録しておくとかなり役立ちます。


←左スクリーンショットは、今自分が使っているアクションのパレットです。

お恥ずかしい限りですが、無闇矢鱈に登録してしまった結果、縦にずるずると長くなっちゃいました。
しかも、よくよく見ると似たような機能、同じ機能、そんなのろくに使いやしないだろうって機能など、ちょっと整理の必要がありそうな感じがします。

本来なら「カテゴリ分け」……つまり、「下描き用」「ペン入れ用」「仕上げ用」などの用途別に「セット」に分けておくといいのかもしれません。

しかし厄介なことに、「セット」をまたいだ、アクションの複製や移動が出来ないんです。(やり方あるのかな?あればうれしいんだけど…)

登録したパターンブラシ・フキダシ素材の整理も、もっとやりやすいといいんですけどね…

Photoshopのアクションは「ボタン」表示にして、色分け表示することが可能です。これは視認性もよく作業効率も図れてとても役立ちます。
特定のアクションをファンクションキーに割り当てることも可能なのもうれしい機能です。

しかし、ComicStudioのアクションは、残念ながら視認性や操作性の点でもちょっと残念かなと思っています。視認性は我慢するにしても、特定のアクションをショートカットに登録できればいいんですけどね…
「アクションの再生」にショートカットを割り当てることが出来ますが、その場合でもあらかじめどのアクションを使うか選択しておかなければいけません。それなら結局アクションパレットで選択・実行した方が良かったりします。

そこで、せめて「視認性」を上げておこうと考えたのが、ごらんの様な方法です。

●アクションのカテゴリが判るように、頭に[(カテゴリ)]を入れておく
●用途別・カテゴリ別に、空のアクションを挟み、名前を「━━━━━━━━」などの様にして挟む
●必要に応じて、「■」「●」などを頭に入れて、すぐに特定のアクションを見つけやすいようにする

他にもいろいろな方法があると思いますので、いろいろと試してみてください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://negucomic.blog66.fc2.com/tb.php/60-58db4317
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。