CELSYSのComicStudioをはじめとしたデジタル漫画のネタを中心に…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Mac版】早速インストールしてみました

10.5が到着したので、早速Powerbookにインストールしました。
バージョン一つ飛ばしているので、思い切ってHDD初期化&クリーンインストールしました。
結構動作が全体的に重い感じだったので、クリーンインストールしておきたかったんです。
これは、ちょうどいい機会!

Leopardのインストは、HDDを認識しないという現象が起こって一瞬あせりましたが、ディスクユーティリティ経由でその件は回避。
そして、OSのインストール!
      :
      :
      :
初期化してのインストールなので、想像以上に時間が……(^^;)
      :

無事にOSのインストールが終わって、ComicStudio4.0のインストール。

ComicStudioのディスクは、Windowsと違って、DVD一枚にまとめられています。これは結構便利。
そして、特別にインストーラーが用意されているわけではなく、ただコピーするだけです。

Windowsではそれぞれ自力でインストールする必要があった素材も、どうやら最初から含まれている模様。自力でインストールが必要なのはComicStudioフォントだけのようです。

初回の起動時にシリアルナンバー入力とディスクの確認は、Windows版と同じです。

…で、起動してみました!

Macデスクトップ

Powerbookだと、デスクトップが狭いです…orz…
ウインドウ開くと描画ウインドウがこんなにも狭くて、ちょい作業はつらそうです。

実際に軽く鉛筆ツールで書き書きしてみましたが、10.3.9&3.0EXよりも、軽快に描けました。
まぁ、レイヤー増やしたらどうなるか判りませんが…

Windows版に慣れすぎているためか、ウインドウデザインやレイアウトに違和感がありますが、これは今だけの印象でしょうね。

使い勝手の面で一番気になったのは、Windowsでは最小化ボタンかバーのダブルクリックでカンタンに出来た「各ウインドウをバーだけにする」事が一切出来ないのは不便。ファンクションキーで出したり隠したり出来るとはいえ、Powerbookだと「fn」キー押しながらになるので、はっきり言って不便です。

Macウインドウバー
  ↑赤いボタンを押すとウインドウが隠れます。

ウインドウバー
  ↑[ _ ]をクリックするとウインドウを最小化します。

狭いデスクトップだと、この差は結構痛いです。
やっぱノートパソコンでの作業はきつそうですね…
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://negucomic.blog66.fc2.com/tb.php/58-417aa984
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。