CELSYSのComicStudioをはじめとしたデジタル漫画のネタを中心に…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回の仕事で二度起きた「書き出し」異常

お仕事一つ脱稿しました。

脱稿
……成年向けなので、サムネイルも自粛中


ちょっといつもの体調じゃなかったので、予定よりも時間を食ってしまって、編集さんに大変ご迷惑をおかけしてしまいました。

自己管理はきちんとしましょう!

…ということで、今回の仕事で、同じエラーが二度起きたので、メモ代わりに記載。

その前に、「書き出し」?画像のエクスポート?について、私の使い方を少しご紹介。
●ネーム用書き出し設定

私の商業誌入稿は、自サーバー(レンタル)に用意した専用の領域(もちろん認証フォルダ)を経由して渡しています。

ComicStudioで完成させたネームは、基本的に「文字」が読めればいいので、以下の出力設定で書き出ししています。

ネーム用書き出し設定

  • 出力サイズの指定
    幅1000px・解像度72dpi
     ルビが入っている場合は、もう少しピクセル数を上げます。
     基本的に「ファイルサイズ重視」です。
  • 色深度
    グレースケール
     二階調で出すと、つぶれたり飛んだりするので、視認性を考えてグレーに。
     必要に応じてカラー
  • 仕上げ情報
    テキストON
     ネームなので、当然テキストが必要。
  • ファイルの設定
    JPEG
     PDFにすると、一つのファイルにまとめてくれるので、もしかするとその方がいいかも。

JPEGにすると、当然バラバラのファイルになるので、ネームチェックする側はプリントアウトや閲覧が面倒です。
そういう場合、結構PDF出力が便利です。PDFはAdobeのAcrobatで読めますし、MacOSXならプレビューで見られます。

ただ、出来上がるPDFファイルは、テキストをフォント埋め込みしているわけではなく、JPEGファイルを連ねた形になっているだけなので、書き出し設定を注意しないと、ものすごく巨大なファイルになりかねませんので要注意。

●入稿用書き出し設定

原稿は基本的にデータ原寸・二階調・テキストOFF・トンボをONです。

完成原稿設定

  • 出力サイズ
    等倍で出力
     ココでは「出力サイズ指定」で同じ数値を入れていますが…
  • 色深度
    モノクロ2階調
     グレートーンを使っている場合は、設定に注意
  • 仕上げ情報
    テキストOFF
  • ページ情報
    トンボON
  • ファイルの設定
    任意
     ケースバイケースです

ファイル形式は、編集さんと相談の上決めたほうがよさそうです。

ちなみに私は、PhotoshopデータとEPSデータの二つを用意しています。

Ver4になって、直接EPS出力できるようになりましたが、Adobe IllustratorCS2で「配置」使用とすると、「イラストレーションを配置できません。TIFFプレビューを読み込むことが出来ません。」というアラートが出てしまいます。(ウチの環境だけでしょうか…?)
直接出力したEPSファイルだとちょっと不安なので、PhotoshopCS2でEPS保存したものを使っています。
ComicStudioのEPS出力は設定項目も何も無いのが気になります。



さて、今回の仕事中、ネーム用の書き出し時と、完成データの書き出し時に、同じエラーが発生しました。

書き出しは少し時間がかかるので、出力命令を出した後、席を外すことが多いんですが、帰ってみると「書き出し処理が終了しました。」のアラートが出ていなかったんです。

書き出しアラート

本来なら前処理が終了したらこのアラートが出て終わるはずなのに、なぜ出ていなかったんだろう…?
…で、出力結果は、指定ページ数全部を出力したわけではなく、どうも途中で終了したかのような状態。

長時間作業を続けていたから、アプリケーションが不安定になったのか?と思い、アプリケーションを再起動させてみようと、終了させた時にアプリケーションエラーアラートが出ました。
再起動後の書き出しは全く問題はありませんでしたが……

この時のアラートは、残念ながらスクリーンショットを取らず閉じてしまったので詳細は不明です。

しかしその後、完成データの書き出しを行っているときにも同じ現象が発生しました。
このときもアプリケーション終了時にアプリケーションエラーアラートが出ました。

そのときのアラートのスクリーンショットです。

エラー(保存できなくなる)


"0x10522030"の命令が"0x0000010c"のメモリを参照しました。メモリが"read"になることは出来ませんでした。プログラムを終了するには[OK]をクリックしてください。


一回目のアラートが同じメモリアドレスを指定していたかどうかは未確認ですが、おそらく同じだったと思います。

メモリアクセスの問題の様なので、これはハードウエア的なトラブルかもしれません。
しかし、同様のアラート、過去にも「アプリケーション終了時」に出たことがあります。
何が原因なんでしょう?

ソフトウエアのバグなのか?それともハードウエアの問題なのか?



…そろそろハードウエア何とかしたいというのが本音なんですけどねぇ…

せめてDualCPUにはしたい…
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://negucomic.blog66.fc2.com/tb.php/40-cd80e56e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。