CELSYSのComicStudioをはじめとしたデジタル漫画のネタを中心に…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背景作画StepByStep(6)立方体の「分割」

では、立方体を「分割」する手順を見てみましょう。

ゆっくりまったりと進めているので、一向に具体的な「背景の描き方」に入らない「講座」ですが、何事も「基本」は大事ということで、もう少しお付合いください。

本来は「分割」の方を先にやった方が理解しやすいのかもしれません。
順番が前後したのは特に深い意味はありませんが、先にやった「増殖」もこれからやる「分割」もセットで考えたほうが理解度が高くなると思います。

いずれにしても、パース定規を使って作図したほうが遥かに楽なので、練習を兼ねて作図してみることをお薦めします。

さて、今回は立方体を「分割」して、このような図形を描いてみたいと思います。
分割段差
いきなり段差を作っていくのではなく、立方体を分割する方法で描くことにします。
段差分割前後

「対角線」を使って「中心」を求めて、各辺に平行な線を引けば、「等分割」出来るということを応用します。各辺に平行な線を引くときには、パース定規を使って楽に描くことが出来ます。

手順はムービーをご覧ください。

フルサイズはこちらにアップロードしています。(約5.8MB)

この描き方は、建築物に限らずいろいろなものを描くときに使える方法です。
紙の上ではパースラインを正確に描くことそのものが大変だったので、圧倒的に楽に正確に描くことができるようになりました。

ここで更に応用です。

●覚えておくと便利な「三分割」「五分割」などの方法

三分割は左図の様な方法で求められます。

三分割

大きな四角形の対角線と、それを二分割した長方形の対角線の交点が「三分割点」になります。
五分割以上の奇数分割は、右図の様な方法で求められます。補助線がめちゃくちゃ増えてしまうのが欠点ですが、ComicStudioならレイヤーを分けて補助線を引けばOKです。
ガンガン補助線引いて作画して、不要になれば捨てればいいんです。デジタルって便利です。消しゴム不要ですから……

どんな形状の物を描くときも、まず大き目の四角形や立方体を描いて、それを分割・増殖するという描き方をするようにすると、今まで描けなかったものが描けるようになります。

しかし、世の中のものがすべて直角に交じり合っているわけじゃなく、すべて平面で出来ているわけではありません。斜めの面や円や曲面などが組み合わさって形を成しています。
そういうものを描くときはどうすればいいのか…

それについては次のエントリー「傾斜」で説明しましょう。ついでにパースのかかった「円」の描き方も…
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://negucomic.blog66.fc2.com/tb.php/32-c534aaa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。