CELSYSのComicStudioをはじめとしたデジタル漫画のネタを中心に…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスキングレイヤーの効果的な使い方(2)

マスキングレイヤーの効果は、エントリー「マスキングレイヤーの効果的な使い方(1)」にて書きましので、まずはそちらをお読みください。

まとめると、要は「マスキングレイヤーよりも下のレイヤーの表示を隠す」いう事でしょうか。
さすがにはしょりすぎ…ですか?

さて……
意識して「マスキングレイヤー」を作った事が無くても、「枠線定規レイヤー」を変換して「コマ」を作成した時、「コマ枠画像をラスタライズ」を選択すると自動的に「マスク」が作成されます。

コマフォルダ枠線マスク

コマ割り作業が完了した「枠線定規レイヤー」を選択して、「レイヤー」→「レイヤーの変換」を選び、「コマ枠画像をラスタライズ」をチェックすると、作られたコマフォルダ毎に「枠線」と「マスク」が作成されます。(下図左参照)

このチェックをせずに変換した場合、コマフォルダアイコン横のレイヤーメニューから「コマ枠をラスタライズ」を選ぶと同様に「枠線」「マスク」が作成されます。(下図右参照)

コマ枠をラスタライズ

このコマ枠とセットで作られるマスキングレイヤーでは、おそらく「コマの外にはみ出た絵」の処理で使われることが多いと思います。
そのやり方もいずれ書こうかと思ってます。(こんなのばっかで失礼…)



さて、ここからがオーバーラップ処理の本題です。

●グラデーションツールでマスキングを作る

コマフォルダ内に既に一つマスクがある状態で、「枠線」をラスタライズしたときに出来る「マスク」です。
この「マスク」は枠線の外を隠す役目を果たしています。

「マスク」の下のラスターレイヤーを丸々ベタ塗りしてみました。(名前もわかりやすく変えてます)

マスク説明1

この「ベタ塗り」レイヤーを、新しく作った「マスキングレイヤー」を使って「グラデーションツールでマスキング」します。

新規マスキングレイヤーを作成し、「マスク」と「ベタ塗り」の間に配置します。
この「マスキングレイヤー」上に描いた部分がマスキング処理されて隠れてくれます。

しかし、一見通常のラスターレイヤーと同様にペンや鉛筆などの描画系のツールが使えると思いきや、使えないツールがあるのです。
それは「グラデーションツールで直接ラスターレイヤーにグラデーションを描画する」ことです。

オーバーラップの境界はグラデーション状態で透過している状態にしたいので、マスキングレイヤー上に直接グラデーションツールで描画出来れば一番手っ取り早いのですが、残念ながらそれが出来ません。

グラデーション不可

上図の様に、グラデーションツールの「編集中のレイヤーに描画」にチェックを入れている状態で、「マスキングレイヤー」に描画しようとしても、グレー表示されて出来ません。
実際にやってみても新規にグラデーショントーンが作成されるだけです。


そこで代替方法を考えてみました。

  1. 一時的に捨てレイヤーを作成
  2. そのレイヤーにグラデーションツールで網目グラデーションを描画
  3. そこから「選択範囲」を作成
  4. マスキングレイヤー上でその選択範囲を塗りつぶす


この時、Ver4.1.0で搭載予定の機能「レイヤーをALT+クリックで選択範囲作成」という機能が凄く役立ちました。

でも、後で気づいたんですが、この方法よりも、以下の手順の方が楽です。
実際にはこちらの手順をお薦めします。

  1. グラデーションツールでマスキングしたいグラデーションを作成する
    (編集中のレイヤーに描画ONでも、OFFにして新規グラデーション作成でも、どちらでもOK)
  2. レイヤーの変換から、グラデーションレイヤーを「マスキングレイヤー」に変換

グラデマスク

自分でやりやすい方法を選ぶといいでしょう。
なお、「編集中のレイヤーに描画」を選んだ場合は、後でグラデーションの細かい調整が出来ないので、「グラデーショントーン」を作って「変換」する方法をお薦めします。



マスキングレイヤーに対してどちらの手順でもいいので、画像(A)と画像(B)上に円形グラデーションを使い、マスキングを作成します。
なお、マスキング部分が網目になるので、元画像に網目スクリーントーン類を貼っている場合、ライン数が違うとモアレの原因になります。
元画像の網目のライン数とグラデーションの網目のライン数を同じにしておくことで、モアレが発生しなくて済みます。

例によって手順をムービーにしてみました。

フルサイズはこちらにアップロードしています。(約7.2MB)

余談ですが、合成元の画像が説明にはあまり適していないとつくづく思いました。イメージが上手く伝えられていないので、余力があれば作り直して差し替えするかもしれません。今のところこれでご勘弁を。


●マスキングレイヤーを使う場合のメリット

元の画像に手を加える必要がありません。
そのため、後からマスキングレイヤーさえ加工すれば、透過のさせ方を変更することが容易です。

ムービー内でマスキングを変形していますが、元画像に網目のスクリーントーンを貼っている場合当然ライン数が変わることになるので、モアレ発生の原因となりますので要注意です。

●マスキングレイヤーを使い方まとめ

「マスキングレイヤー」は、その下のレイヤーの描画部分を透過する働きを持つ
「マスキングレイヤー」は複数用意することが出来る
「マスキングレイヤー」の効果は、フォルダ単位となる
「マスキングレイヤー」上にはグラデーションツールで描画が出来ない

こんなところでしょうか…?



さて、パースの続きのエントリー、これから用意しなきゃ…
…と思ってたら、女房に「背景描いて!」と助っ人依頼が!

まぁ、少しずつ進めますので、気長にお待ちくださいませ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://negucomic.blog66.fc2.com/tb.php/28-b5e8f8df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。