CELSYSのComicStudioをはじめとしたデジタル漫画のネタを中心に…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背景作画StepByStep(4)ComicStudioのパース定規の機能

さて、やっとComicStudioの話です。

StepByStepの予備知識編で描いている図はすべてComicStudioのパース定規を使ってます。
こういう説明図を描くのにもとても役立つパース定規。使いこなせたら背景を描くのが楽しくなることは請け合い(?)です。

本エントリー内容も画像が多めなので分割して記載します。
●定規レイヤーにパース定規を作成!

背景描画をするときに使うパース定規は、基本的には「定規レイヤー」上に用意します。
パース定規は「定規」→「特殊定規の作成」→「パース定規(1点透視)を作成」/「パース定規(2点透視)を作成」/「パース定規(3点透視)を作成」で作成されます。

定規作成

描画レイヤーを選択した状態でパース定規を作成すると、そのレイヤーのサブ定規に作成してしまい、他のレイヤーで定規が適用されません。
簡単な背景や小物程度ならそれでもOKですが、大掛かりな背景を描くときには、複数のレイヤーを作成する事になるので、まず「レイヤー」→「新規レイヤー」からレイヤー作成ウインドウを出し、レイヤーの種類を「定規レイヤー」にして「OK」します。

定規レイヤー作成

またはレイヤーパレットのカテゴリ毎のバーの部分をクリックすると、そのカテゴリに属するレイヤーを作成することが出来るので、「定規」のところをクリックして「定規」を選びます。

定規作成2

そして出来た「定規レイヤー」を選んでいる状態でパース定規を作成します。

●パース定規…それぞれの意味

さて、下図は「パース定規(3点透視)」を作成直後の状態です。

パース定規説明

「アイレベル」上左右に二つの「消失点」があり、画面中央上方の「重力線」上に「消失点」があります。

各「消失点」から二本ずつ「消失点のガイド線」が出ており、それぞれの「消失点のガイド線」に一つの「センターポイント」とそれを挟むように二つの「ガイドハンドル」があります。

「重力線」という単語が始めて出てきました。「重力線」とは、まさに「重力がかかっている方向の線」のことです。つまり「地面に対して垂直な線」を指します。表現方法は各所で若干違うようですが、私は感覚的に判りやすいので「重力線」と呼んでいます。
この「重力線」は透視図法上では特に「三点透視」で重要な意味を持ちますので、後ほど改めて説明します。


●パース定規で引ける線は…?


メニューから作成できる「パース定規(1点透視)」「パース定規(2点透視)」「パース定規(3点透視)」を見てみましょう。

それぞれの透視図法の特徴を理解出来ていれば、どういう局面でどの定規を作成すればいいかはおのずと判ってきますが、まずは三種類のパース定規を実際に作ってみて、ポイントを動かさずに画像レイヤー上にペンや鉛筆でどのような方向の線が引けるのか確認してみて下さい。

実際にはご覧の通り、消失点の方向が描画上適する場所ではないため不自然な形状の図となります。

・「パース定規(1点透視)」で引ける線

水色の線が奥行きを示す線で、茶色の線は垂直の平行線で重力線と平行・水平線の平行線でアイレベルと平行に引けます。

一点透視

「パース定規(1点透視)を作成」は、アイレベル上の二つの消失点がない状態となります。

・「パース定規(2点透視)」で引ける線
水色の線が左方向の奥行きを示す線・紫色の線が右方向の奥行きを示す線です。茶色の線は垂直の平行線で重力線と平行に引けます。

二点透視

「パース定規(2点透視)を作成」は、重力線上の消失点がない状態となります。

・「パース定規(3点透視)」で引ける線
水色の線が左方向の奥行きを示す線・紫色の線が右方向の奥行きを示す線・茶色の線画垂直方向の奥行き(この場合高さ)を示す線です。

三点透視



●パース定規の操作は定規選択ツールで!

さて、こうして作られた「パース定規」を操作するのは「定規選択ツール」です。

「定規選択ツール」を使ってパース定規を操作する場合は、通常このように設定しておくといいでしょう。もちろん随時必要に応じて変更することがあります。

自分の欲しい透視図に合わせて「アイレベル」を変更し、「消失点」を移動させて、必要に応じて「ガイド線」を動かしたり増やしたりします。

では、練習としてStep2で使った写真にパース定規を合わせてみましょう。

1点用画像2点用画像3点用画像

クリックで別ウインドウが開きますので、ダウンロードしてお試しください。

これの真ん中・二点透視の写真を使ってみます。

読み込み手順はこんな感じ
  1. 「ファイル」→「読み込み」→「画像ファイル」でファイルを指定
  2. 「プロパティ」パレットの「位置調整」でサイズを任意の大きさにする
  3. 「画像調整」で表現色・解像度を任意に設定する
    表現色:「グレー(8bit)」か「カラー(32bit)」に。
    解像度:「150dpi」か「300dpi」程度に。本写真の場合、元の解像度が72dpiなので、150dpiで十分
ここでは二点透視の説明で使った写真を元に、三点透視のパース定規を作って合わせる手順をムービーにしてみました。


フルサイズはこちらにアップロードしています


  1. 見やすくするために、読み込んだ画像の不透明度を落としておきます。
  2. 定規レイヤーを作成し、そこに「パース定規」を作成。三点透視のパース定規で説明します。
  3. 大体で構わないので、アイレベルの位置を合わせます。合わせてガイド線を邪魔にならないように動かします。
  4. 片方の消失点を見つけるために、センターポイントを建物の上端に合わせます。
  5. ガイドハンドルを動かして、ガイド線が建物の上のラインに合うように調整します。
    デフォルトではアイレベルが固定されているので、消失点はアイレベル上を移動します。。
  6. もう一つのガイド線を動かして、パースがあっているか確認します。
    ガイド線がパースと合わない場合はアイレベルが違っていることになるので、アイレベルを再調整します。
    二本以上のガイド線がキチンとパースと合うならば、アイレベルは正しいことになります。
  7. もう一方の消失点も(4)(5)と同じ手順で決定できます。
  8. 垂直方向は消失点が無いので、消失点上で右クリックし「無限遠にする」をクリックします。
  9. 必要に応じて垂直方向のガイド線を移動させます。

こんな感じで合わせています。


●パース定規右クリックメニュー


パース定規上で右クリックでこのようなメニューが表示されます。

右クリック操作
▲「消失点にする」「無限遠にする」

(8)で操作している「無限遠にする」は、このメニューから選択しています。

「三点透視」の垂直方向の線の消失点が無限遠状態になったのが「二点透視」でもあるので、「三点透視」の上方の消失点を無限遠にしても、二点透視で作図できます。
垂直方向のガイド線が欲しい事が多いので、私の場合今回の例の様に二点透視図法で描く場合でもこの方法を使う方が多いです。

なお「三点透視」のアイレベル上の二つの消失点を無限遠にして、二つの消失点を選んだ状態で「定規」を「水平にする」にしたら、「パース定規(1点透視)」と同じように描けますが、あまりメリットは無いのでこの方法は使いません。

「スナップを無効化」

パース定規を使うと、特定の線しか引けなくなりますが、引きたくない方向にスナップして困るときがあります。そういう時はここで「スナップの無効化」をするといいでしょう。

スナップの無効化は、Ver3まではショートカットがありました。
三点透視の各消失点に「Ctlr + ←」「Ctlr + ↑」「Ctlr + →」が対応していました。
しかし、Ver4からはこのショートカットはなくなったようです。おそらく三つ以上の消失点を作ることができるからなんだろうと思います。

「この消失点の位置を固定」「すべての消失点の位置を固定」

不意に消失点が動いてしまうのを防止します。消失点が確定したらロックするといいでしょう。

「アイレベルを固定」
ここでアイレベルを固定可能です。
いくつか注意しておく必要があるのは、この「アイレベルを固定」はアイレベルの位置をロックするものではなく、アイレベルを常に水平に保つという意味です。そのため、構図上地平線がコマに対して斜めになっている背景を描く場合は、このチェックを外さなければいけませんので注意が必要です。

「1点透視」「2点透視」「3点透視」

ここで1点透視・2点透視・3点透視の変更ができますが、ガイドをいじくった後にこの操作をすると予期せぬ形状のパースになる場合がありますので注意してください。

「パース定規の詳細設定」

ここで「パース設定」のウインドウが開き、以下の操作ができます。
  • 消失点の追加・削除(消失点の数は最大10個)
  • ガイド線の追加・削除(ガイド線は二本以下には出来ません)
  • 補助線の表示(0.05度?30度で設定した間隔で補助線を表示します)

アイレベルの求め方・消失点の求め方・ガイド線の使い方などは、実際に操作しながら覚えるのが一番ですが、練習方法としてこのように写真に合わせて操作する練習をしてみるといいでしょう。

でもここでは、写真をトレスして背景を描くことを推奨しません。その理由についてはエントリーを改めて説明します。

予定していた「分割・増殖・傾斜」は次のエントリーで……
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 こんにちは。こちらでコミスタの勉強をさせていただいてます。この定規の説明はとてもわかりやすくてよかったです。ありがとうございました。
 記事末尾の、「写真をトレスして背景を描くことを推奨しない」理由がとても気になります。いつか記事にしてくださいね。楽しみに待っています。
 これからも頑張ってください。
2008/04/07(月) 20:35 | URL | まめ #FLmyCfzk[ 編集]
>まめさま

コメントありがとうございました。

「写真をトレスして…」の理由について……

練習で背景を描く場合、写真トレスで描くと、それらしく描けるようになります。
しかし、それは「透視図法」を理解して描いた絵ではありません。
また、「写真」の画角と「絵」の画角の違いや、レンズの歪曲の問題、さらには、トレス時にアップで描くことによる、材質・構造の矛盾などが生じる危険性などもあります。

詳しく説明したいと思っておりますので、エントリーを改めて説明すると書いていますが、まだ肝心のエントリーが出来ていません。
ちょっと手間がかかる「講座」なので、お時間をいただくことになりますが、いずれ必ず説明いたしますので、しばらくお待ちください。

これからもよろしくお願いいたします。
2008/04/07(月) 23:07 | URL | ねぐら☆なお #1iUdfmuY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://negucomic.blog66.fc2.com/tb.php/22-ccafce19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。