CELSYSのComicStudioをはじめとしたデジタル漫画のネタを中心に…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

用意するもの 【1】

パソコンで漫画を描く場合の使用ソフトウエアの選択肢はいくつかあります。
その中でも代表的と言ってもいいのが、CELSYS製のComicStudioです。

他にデジタルコミック作成に使われているアプリケーションと言えば…
●やはり定番AdobePhotoshop(最新バージョンCS3)
●DELETAトーンが魅力のComjcWorks(残念ながら持っていません)
●最強の描画ツールEasyPaintTool SAI
他にもあると思いますが、こんなもんでしょうか?

このブログでは基本的に「ComicStudio」を中心に書いていきます。
他のアプリケーションについては、思いついたらいずれの機会に…


最新版のコミックスタジオはVer4です。(2007年12月10日現在でVer.4.0.8)
最新アップデータ

Ver4がリリースされているのは、現在はWindows版のみです。

残念ながらMac版はまだリリースされておらず、最新版は現在Ver.3.1.6です。
PowerPCの10.4以下対応となっています。IntelMacとLeopardには対応していません。

12月25日(火)に公開予定の「ComicStudio Ver.3.1.7 for Mac OS X」にてLepardに対応するそうです。

Ver4が使えるようになるのは、まだしばらく先になりそうですね。



ComicStudioの各モデルについて



ComicStudioEX 4.0ComicStudioEX 4.0
(2007/09/28)
Windows

商品詳細を見る
ComicStudioの最上位モデルです。
CELSYSダイレクト参考価格:48300円(税込)

最上位だけあって、少々お高いです。
一つ下のモデル、「Pro」との決定的な違いは、なんと言っても「アクション」です。これがあるかないかでは、作業の効率がすごく違います。
「Pro」と比べるとかなり価格差がありますが、目立った違いはこの「アクション」と「3DLT」です。この二つにこだわらないなら、Proがコストパフォーマンスがいいと言えるでしょう。




ComicStudioPro 4.0ComicStudioPro 4.0
(2007/09/28)
Windows

商品詳細を見る
ComicStudioのスタンダードモデルです。
CELSYSダイレクト参考価格:25200円(税込)

「Pro」と「EX」の違いは、Ver3よりも少なくなりました。
収録されている素材数にも差がないので、コストパフォーマンスは抜群です。
「アクション」や「3DLT」は別に使わないからいいやという人は、このモデルがいいでしょう。
タブレットバンドルモデルと言うのもあります。(CELSYSダイレクト参考価格:29、820円)
これから始める人にはいいかもしれませんが、出来ればIntuos3を別買いする方が理想的です。




ComicStudioDebut 4.0ComicStudioDebut 4.0
(2007/09/28)
Windows

商品詳細を見る
ComicStudioのエントリーモデル。
CELSYSダイレクト参考価格:12600円(税込)

「Pro」や「EX」に比べると、機能を削りすぎという感があります。でも実売価格がかなり安いので、入門にはいいかもしれません。ある意味では使えないと判断しても諦めがつく価格でしょうか。
しかし、これから本格的にデジタルコミックに取り組もうと思っているなら、最低でも「Pro」を選択しておくほうが後悔しなくて済みそうな予感がします。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://negucomic.blog66.fc2.com/tb.php/2-4f515a75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。