CELSYSのComicStudioをはじめとしたデジタル漫画のネタを中心に…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

周辺機器の調整・カスタマイズ(3)

ComicStudioには、機能に応じたウインドウが数多くあります。
各種ウインドウを全部出すと、肝心の作画領域を隠してしまいます。
全部出したままだと、こんな風に作画領域が隠れてしまいます。冗談抜きで…

領域狭いぞウインドウ

スクリーンショットはWSXGA+(1680×1050ピクセル)なので、割と広いほうです。
これは大げさに見せるために意図的に隠した状態ですが、あながち嘘ではありません。

実作業においては、必要に応じてパレットを出したり隠したりして対応すれば何とかなります。
ウインドウの表示非表示にはデフォルトでショートカットが割り当てられています。

ウインドウ表示非表示ショートカット

F2?F12に割り当てられているので、メニューのウインドウをプルダウンせずにショートカットで出し入れするのが効率的です。
Tab」キーですべてのパレットを出したり隠したりすることができるので、それが一番手っ取り早いかもしれません。
(この「Tab」の機能はPhotoshopでも使えるので覚えておくと便利です)

でも、予算に余裕があるなら可能な限り広い表示領域を持つモニターを使用するか、デュアルモニタ化することをお薦めします。

●デュアルモニタのススメ

既に実施している人やPCに詳しい人には今更かもしれませんが、現在使用しているディスプレイを無駄にせずに作業領域を拡大する方法として「デュアルモニタ」にするという選択肢があります。

自分のパソコンのグラフィック機能がオンボードかそうでないのかを確認しましょう。
オンボードならグラフィックボードの増設が必要になりますし、グラフィックボードが既に装着されていてもデュアルモニタ対応でない場合は、増設か交換の必要があります。

私の場合は自作機なので、最初から「デュアルモニタ」を想定したグラフィックボードを選択しました。しかし予算の関係で、それほど高いボードは選択していません。(Aeolus FX5200-DVP128 LP)
最新の3Dゲームをバリバリやるのでなければ、比較的安いボードでも十分だと思います。(そりゃ高性能に越したことは無いでしょうけど…)

ボードの選択や増設方法は、環境や予算によって異なりますので、ここでは触れません。
(…というよりも、ヘタに薀蓄たれると、ハードウエアの知識が足りないことを露呈してしまうので、あえてやらないほうが安全かなぁと…)

モニタはこんな感じになっています。

DualMonitor.jpg

WSXGA+(1680×1050)をプライマリモニタに、SXGA(1280×1024)をセカンダリモニタにしています。
WSXGA+はAppleCinemaDisplay20ですが、SXGAの方はADTECのAD-AW171Wという比較的安価な液晶モニタです。
プライマリモニタは結構いいモニタなんですが、セカンダリはどんなに調整しても色も明るさも希望通りの結果が得られません。そのためカラーマネージメントが必要なアプリケーションのモニタとしては適していないといえるでしょう。しかし、サブモニタとして使い、このように広い領域が必要な「素材」を配置する場合は、さほど気にはなりませんし十分役目は果たしてくれます。

プライマリに使用しているAppleCinemaDisplayはADCというApple専用のコネクタ形式なので、「Apple DVI to ADC Adapter」を使ってDVIに変換し、ADTECのAD-AW171WはD-SUB出力しかないのでそのまま、グラフィックカードに接続しました。

dvidsub.jpg


あとは、「画面」プロパティでプライマリ・セカンダリの設定やモニタの位置関係の設定をすればOKです。
環境によって画面が異なりますので簡単に説明しますが、大抵は以下の手順で設定できると思います。

  1. デスクトップの何も無いところを右クリックし「プロパティ」をクリック
  2. 「画面のプロパティ」の「設定」タブをクリック
  3. モニタのアイコンをドラッグして実際のモニタの位置関係と一致させる
  4. メインにしたいモニタ(プライマリモニタ)のアイコン選択した状態で「このデバイスをプライマリモニタとして使用する」にチェック


画面設定M


一部のウインドウを「逃がす」目的なら、XGA(1024×768)程度でも役に立つかもしれませんが、せめてSXGA以上は欲しい所。液晶モニタもかなり値段がこなれてきたので安物買いの銭失いにならないような選択をしましょう。



ちなみに、デュアルで表示した場合はこんな感じで表示されています。

DualMonitorPrintScreen.jpg
クリックすると原寸で表示されます。(約500KB)



余談ですが、モニタの解像度と呼び名について、代表的なのをまとめておきます。
自分でも未だに混乱しているので、一応メモ代わりに……

VGA640×480
SVGA800×600
XGA1024×768
WXGA1280×768
XGA(1024×768)の横幅を広げた解像度
UXGA1600×1200
XGA(1024×768)を拡張した解像度
SXGA 1280×1024
XGA(1024×768ピクセル)の縦横をわずかに広げた解像度
SXGA+1400×1050
SXGA(1280×1024)を縦横にわずかに広げた解像度
WSXGA1280×854
WSXGA+1680×1050
  WUXGA
1920×1200
UXGA(1600×1200ピクセル)の横幅を広げた解像度

 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://negucomic.blog66.fc2.com/tb.php/17-37a49550
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。