CELSYSのComicStudioをはじめとしたデジタル漫画のネタを中心に…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ビギナーズアシスタント】これは目ウロコ!【(C)名称未設定】

まともな更新が出来る状況ではありませんが、ちょっとだけ。

摩耶薫子さんの「ComicStudio質問箱 そこんとこくわしく! for ComicStudio4」…こちらに収録されていた「小技」が「目からウロコ」だったので、紹介します。

ComicStudioには「ビギナーズアシスタント」という機能が付いています。
正直言って、使い方に大幅な制限が生じるこの機能は、必ずしも「ビギナー」にとっていいのかどうか疑問があるんですね。
全くと言っていいほど使っていない癖にその言い方は…「?」…かも知れませんが、出来れば最初から「ビギナーズアシスタント」に頼らずに使い方を覚えたほうがいいと思っています。

…というわけで、「ビギナーズアシスタント」の表示は常にOFFにしていました。

しかし、「ビギナーズアシスタント」を表示させて、その上にパレットを置いておくと、「作業画面のスクロールバーがパレットに隠れることがない」…んです!

これは案外便利!

今現在のパレットレイアウトはこのようになっています。
スクリーンショット200908

デュアルディスプレイになっているので横長…「1680×1050」 + 「1280×1024」 です。
ちなみに、マウスタブレットの反応範囲はプライマリモニタのみとなっています。

プライマリモニタ部分で、「ビギナーズアシスタント」を「カスタムツール」「ツールオプション」「アクション」が収まる幅に調整しています。

そのおかげで、「レイヤーパレット」と「プロパティパレット」は作業画面に重なっていますが、スクロールバーの邪魔をしていません。

作画段階で「レイヤーパレット」と「プロパティパレット」が邪魔になるときもありますが、この表示状態が結構使いやすいみたいです。

「素材」をセカンダリモニタに置いたのは、目的のものを探したり選択したりする作業はマウスを使うことが多いので、この状態がベスト配置だと思っています。

それにしても、「カスタムツール」もちょっと長くなりすぎてます。これも「アクション」と同じく、もう少し整理しておきたいところですね。
スポンサーサイト

【アクション】登録しすぎても困るかも…?!

アクションの整理_UPComicStudioEXの最大のメリットの一つは「アクション」です。

アクションといえばPhotoshopの同機能が有名です。
Photoshopのアクションは恐ろしく強力で、それを使ってゼロから絵を描くことさえ可能です。

それに対して、ComicStudioのアクションはそれほどではありません。
なにしろ記録できない項目もある上に、場合によっては予期せぬ結果を生むこともあります。
(その予期せぬ結果については、また折を見て…)

しかし、それほど複雑なことを覚えさせる機会は案外少ないものです。どちらかというと、数段階のメニュー選択が必要になる簡単な「定番作業」を登録しておくとかなり役立ちます。


←左スクリーンショットは、今自分が使っているアクションのパレットです。

お恥ずかしい限りですが、無闇矢鱈に登録してしまった結果、縦にずるずると長くなっちゃいました。
しかも、よくよく見ると似たような機能、同じ機能、そんなのろくに使いやしないだろうって機能など、ちょっと整理の必要がありそうな感じがします。

本来なら「カテゴリ分け」……つまり、「下描き用」「ペン入れ用」「仕上げ用」などの用途別に「セット」に分けておくといいのかもしれません。

しかし厄介なことに、「セット」をまたいだ、アクションの複製や移動が出来ないんです。(やり方あるのかな?あればうれしいんだけど…)

登録したパターンブラシ・フキダシ素材の整理も、もっとやりやすいといいんですけどね…

Photoshopのアクションは「ボタン」表示にして、色分け表示することが可能です。これは視認性もよく作業効率も図れてとても役立ちます。
特定のアクションをファンクションキーに割り当てることも可能なのもうれしい機能です。

しかし、ComicStudioのアクションは、残念ながら視認性や操作性の点でもちょっと残念かなと思っています。視認性は我慢するにしても、特定のアクションをショートカットに登録できればいいんですけどね…
「アクションの再生」にショートカットを割り当てることが出来ますが、その場合でもあらかじめどのアクションを使うか選択しておかなければいけません。それなら結局アクションパレットで選択・実行した方が良かったりします。

そこで、せめて「視認性」を上げておこうと考えたのが、ごらんの様な方法です。

●アクションのカテゴリが判るように、頭に[(カテゴリ)]を入れておく
●用途別・カテゴリ別に、空のアクションを挟み、名前を「━━━━━━━━」などの様にして挟む
●必要に応じて、「■」「●」などを頭に入れて、すぐに特定のアクションを見つけやすいようにする

他にもいろいろな方法があると思いますので、いろいろと試してみてください。

【更新】久々の更新開始です!

皆様、お久しぶりです。

何やってたんだよ、という感じですが、やっと動けますので、ご報告です。

春先にCELSYSさんで連載していた「ComicStudioがわかる、キャラコミメイキング」全18回が終了しました。

この18回分には描ききれなかったことがたくさんあります。
極力汎用性が高い内容にするのが目的でもあったので、細部の補足的解説は省きました。その分を遅れましたがこれから加えて行こうと思います。

今ちょっと込み入った仕事をしている最中なので、それが一段落付く8月末くらいから始めます。



今日久々に更新したのは、コミケで摩耶薫子さんの同人誌をゲットして浮かれているからだったりします。
摩耶さん同人誌

ご存知「名称未設定」の摩耶薫子さん執筆の、デジタルでマンガを描くHowToが一杯詰まった本です。
不躾ながらご挨拶させていただきました。快くお話していただきありがとうございました。

ざっと目を通してみたんですが、各誌共、とても内容が濃く、デジタルでマンガを描いている人は一読の価値があること請け合いです!
CELSYSで連載していた作品の総集編+αは掲載がモノクロになっているので、CELSYSで公開されているカラー版とあわせてみるといいでしょう。

通販も扱っているようですので、ComicStudio遣いの方はゲットしましょう!
通販はこちらからです→「名称未設定」の本の通販



さて、摩耶さんのサイトでも紹介され、同人誌でも紹介されている「超小型USBゲームパッド」のことについてです。

マウスを持つ手と反対の手で操作できるので、ショートカットを「JoyToKey」などのフリーウエアを使って登録すれば、ComicStudioに限らずあらゆるアプリケーションの操作性が格段に向上する便利グッズです。
超小型USBゲームパッド1


このサイトでも「周辺機器の調整・カスタマイズ(2)」で紹介していますが、このゲームパッドが実質入手不可能になってしまいました。

元はサンワサプライの「神技」(JY-P52UM)という型番でしたが、既に廃盤となっていて、同等品はスピタル産業株式会社ST-A1として、スピタル産業株式会社で通販取り扱いを行っていました。

このスピタル産業株式会社さん、残念ながら2009年7月17日に廃業することとなり、それに伴い通販取り扱い業務も終了し、入手する術を無くしてしまいました。

ちょうど7月上旬ごろ、友人の漫画家さんがスタッフを連れてComicStudio教えてくれと遊びに来ました。そのときにこのゲームパッドのことを説明し、すぐにスピタルから入手できたそうですが、「その直後に廃業が発表されて、ぎりぎりだったよ」という連絡を受けて知ったのです。

びっくりしてサイトを見てみたら、確かに「廃業」のお知らせになっていました。
スピタル倒産orz


ドメインは残っていますが、もしかして、業務をどこかが引継いでくれないかとかすかな期待をしつつ動向を見守るか、あるいは秋葉原やヤフオクなどで「倒産品」の流出が無いかチェックするくらいしかないでしょうか。でも、秋葉原で見つけるのは相当困難なような気がします。

残念ですが…壊れたときに困るので、今のうちに探しておくか、あるいは代替品を探しておいたほうがいいかもしれません。



さて、これからの見通しです。

「ComicStudioがわかる、キャラコミメイキング」の補完作業を行います。

また、将来的にはComicStudio上でマンガを描くすべての手順をトレースしてみたいと思います。
出来ればムービーも絡めたりしつつ、紹介できればと思います。実際には、時間に追われて行う仕事原稿だと結構難しいんですが…。

今まで放置していたブログですが、いろいろと見直して取り組みますので、これからもよろしくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。