CELSYSのComicStudioをはじめとしたデジタル漫画のネタを中心に…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【謎】ベクターレイヤーの交点消去で不思議な現象が…?

その現象を知ったきっかけは、twitterでした。

井荻寿一先生5月20日のつぶやきです。
井荻先生つぶやき

井荻寿一@ごぶりん ‏@juichiogi
コミスタ先生!このベクターの線の交点の盛り(交点消去した時)は何とかならないのでしょうかー(´・ω・`) 皆さんはこうならない?
http://t.co/h79VcCJg


このツイートに対して、何名かのコミスタユーザーの先生が「ならないよ」という反応でした。かく言う私も同様のリプライを返しました。
Twitter上のやり取りで何とか原因を究明しようとするやり取りがなされました。その結果、コミスタが作成するゴミファイルが原因ではないかと言うことで、一時的に「解決」という形で落ち着きました。

しかしその後、5月30日に、井荻先生が「コミスタの交点の線が太る要因判明。」とのツイートが!原因究明ツイート1

井荻寿一@ごぶりん ‏@juichiogi
コミスタの交点の線が太る要因判明。カスタムで多角形を選んだ結果らしい。通常使う丸ペンだけに現象が現れたため、他のペンと比較。丸ペンのみ多角にしていたため、それを丸にしたら太る現象は解消した。。こんな落とし穴があったとは……_| ̄|○


続いて事例とブラシのツールオプションのスクリーンショットがツイートされました。
原因究明ツイート2

井荻寿一@ごぶりん ‏@juichiogi
http://yfrog.com/g1ub4p 左が多角形。右が丸。うちではこんな現象が起きます。



このスクリーンショットがヒントになり、再現を試みたところ、井荻先生のツイート通り再現されました。
そこで、どういう条件でこの現象が発生するのかを検証してみました。




[【謎】ベクターレイヤーの交点消去で不思議な現象が…?]の続きを読む
スポンサーサイト

【素材作成】オリジナルトーンの登録方法

素材パレット先日何点かCLIPにトーン素材をUPしました。
コミスタを持っている人ならそれほど複雑な手順を踏まずに簡単にオリジナルトーンを作ることが出来ます。
この機会にその方法をちょっとまとめてみました。

一例として「写真」をトーン化する手順をお見せします。


【1】写真素材の用意

自分で撮影した写真の中から、トーン化したいものを探します。
汎用性が高い素材として「雲」がよさそうだなと思って、手持ちの写真でよさそうなものを探したんですが、自分案外空の写真撮っていませんでした。こういう時のために、それなりに写真を撮っていたつもりだったんですが、なかなか良さそうなのが見つかりません……ぐぬぬ。

Webを探せばたくさんよさそうな写真が見つかりますが、無断で使用すると写真を撮影した人の著作権を侵害することになります。
自分で写真を用意できない場合は、撮影者の許諾を得た写真か、著作権フリーの写真を使いましょう。

P1020779+.jpg

今回は所沢航空公園から所沢市を撮影したこの写真にしました。
撮影はPanasonic DMC-FX01を使って犬の散歩中に撮影したものです。露出アンダーだし周辺減光もひどい写真ですがご勘弁を。

これの空の部分をトリミングして雲のトーンにしたいと思います。

[【素材作成】オリジナルトーンの登録方法]の続きを読む

【発熱】[キャラコミメイキング]第2回:ペン入れ前の設計図【風邪】

風邪引いてしまいました…

CELSYSさんの「キャラコミメイキング」…週刊の予定でしたが、第二回にして早速遅れてしまいました。
ううう…悔しい…

ちょっと風邪が長引いてますが、何とか第二回が出来ましたのでご案内いたします。

「ComicStudioがわかる!キャラコミメイキング」
http://www.comicstudio.net/cs40/lecture/card/index.html


「第2回:ペン入れ前の設計図」
ComicStudio Mangaビューア版

印刷用PDF版(1.97MB)

この連載では、複数の作例を紹介して行く事になるんですが、その一つ「須田巧実」の作例はこんな感じです。
001-3.jpg

ComicStudio MangaビューアにUPしたものだとこうなります。
(タイトルは「美湖の作例」となっていますが、これは連載開始前にUPしたものだからで、現在は「須田巧実が描いたもの」という事にしています。まぁどちらでもいいんですけど…)

ご覧いただければ判りますが、髪の毛に「削り」を入れています。パターンブラシに入っているデフォルトの「トーン削り」を使っています。
しかし、これは「網トーン」を削るのには、結構いい感じなんですが、ComicStudio MangaビューアにUPする目的の画像の場合は、ちょっと汚くなってしまうことがわかりました。

何のことはない、要は「トーンはグレー化される」からの様です。

そのため、実は今回の連載は「ComicStudio Mangaビューア」に対応させるために、削りを使わないようにしています。
また、スクリーンショットで各所を説明するために人物こそモノクロですが、カラーで出力しなければいけません。
そのため、いつものマンガと少々作り方が違っています。
また、単に「文字横書き・左上から右下へ」という形式も初めてなので、噴出しの配置に結構戸惑います。

も少し慣れていかなければいけません。

つぎもがんばります。

それよりも、まずは、体調整えておけって!  そうですね…失礼しました…

【新連載】「ComicStudioがわかる!キャラコミメイキング」スタート

本日から、CELSYSのComicStudio.netにて、新連載を始めさせていただく事になりました。

「ComicStudioがわかる!キャラコミメイキング」というHowToマンガです。



「第1回:ComicStudioでキャラコミカード」

ComicStudio Mangaビューア版
印刷用PDF版(1.99MB)



これに伴い、Filnの方でもComicStudioサポーターとして参加する事になりました。
この準備に結構時間をかけてしまったところもあったので、こちらが少しおろそかになってしまっていました。

さて問題は、こちらの連載、一応週刊ということでスタートしたんですが…うわぁぁ…大丈夫かなぁ…俺…
きちんと毎週掲載できるようにがんばります!

…というわけで、こちらのBlog共々、何卒よろしくお願いいたしますです♪

「新規作成」は「テンプレート」で!

初起動の時に開いていたページは保存せずに閉じて、新しく任煮のサイズの原稿用紙で「新規作成」をすることにします。

ComicStudio「ファイル」→「新規作成」を選ぶと、「ページ」「作品」の二つがあるのがわかります。
  • 「ページ」
    一枚の原稿用紙を用意して描きます。

    「寸法指定」か「用紙テンプレート」を選び、「新規ページ」を作ることが出来ます。
    一ページのイラスト・カットを描く場合はこちらで十分でしょう。

    「作品」で設定できる「作品情報」・「作者情報」・「ページ番号」・「ノンブル」などの設定が出来ません。
     
  • 「作品」
    複数の「ページ」を同じ設定で用意して描きます。

    「寸法指定」か「用紙テンプレート」を絵倍、「用紙の設定」を選び、「総ページ数」・「綴じ位置」・「開始ページ」・「ページ構成」を選んで「新規作品」を作ることが出来ます。
    「作品情報」・「作者情報」・「ページ番号」・「ノンブル」などを任意に設定することが可能。
    複数ページにわたる漫画を描く場合は、通常はこの「作品」を選びます。

●寸法指定の各項目の解説


「寸法指定」の項目から、それぞれの項目の意味することを理解しておきましょう。

新規作成詳細


  • 「基本情報」
    原稿が持つ基本情報。
    【注意】後で変更不可能なので注意。
    • 基本解像度
      製作する画像の解像度の設定。
      モノクロ原稿作成の場合は、通常600dpiか1200dpiを選択。
      (カラー原稿作成の場合は、350dpiが一般的。)
           →解像度についての詳細は別記予定
    • 基本表現色
      「モノクロ」か「カラー」かを選択するが、「モノクロ」を選択しても「カラー」で描けます。
      製作する現行の種類に応じて選択すればOK。
  • 「用紙サイズ」
    文字通り用紙そのもののサイズ。
    【注意】後で変更不可能なので注意。
    • 単位
      「cm」…センチメートル
      「mm」…ミリメートル
      「in」…インチ(1インチは約2.54cm)
      「px」…ピクセル(解像度に依存)
      「pt」…ポイント(1ポイントは約0.35mm)

      なお参考までに…
       600dpiの時は1pixel≒0.04233mm
       1200dpiの時は1pixel≒0.02117mm

      参考サイト:「印刷用単位の換算表」(byTRO庵
    • 幅・高さ・(B4/B5/B6/A3/A4/A5/A6/ハガキ/カスタム)
  • 「仕上がり枠」
    内寸項目。
    一般的には印刷仕上がりのサイズ。
    断裁される実寸と考えてもOK。
    実際はズレが生じることも考慮する必要があり、そのために「裁ち落とし枠」を設定します。
    • 幅・高さ・(B4/B5/B6/A3/A4/A5/A6/ハガキ/カスタム)
  • 「基本枠」
    いわゆる漫画の「基本枠」。
    一般的にはB4では18×27cm・A4では15×22cmということで定着しています
    • 「サイズ指定」選択時
      幅・高さ・(B4/B5/B6/A3/A4/A5/A6/ハガキ/カスタム)
      オフセットX…水平方向に移動
      オフセットY…垂直方向に移動
    • 「マージン指定」選択時
      天・地・ノド・小口・(B4/B5/B6/A3/A4/A5/A6/ハガキ/カスタム)
  • 「裁ち落とし枠」
    断裁時に紙のずれが発生したときの予備の領域。
    「断ち落とし」「断ち切り」「塗り足し」「ドブ」などと呼ばれています。
    DTP業界では、仕上がりから3mm程度外側にとることが多いようです。
    漫画では、断ち切り描画の時に、「仕上がり枠」+「断ち落とし枠」まで描いておくようにしましょう。

●新規作成は「テンプレート」で!

あらかじめこれらの数値を設定済みの「用紙テンプレート」を選ぶと、汎用的な原稿用紙を設定することが出来ます。

デフォルトの設定の中から、自分が使いたい設定を選ぶのが一番早いでしょう。

よく判らない場合は、B4用紙に描くのなら「投稿用用紙」を、同人誌用の原稿なら「同人用紙」を選び、その中から好みの設定を選ぶのが比較的汎用性が高い方法でしょう。

●自分専用のテンプレートを作る

何本か作品を描いていると、自分にとって一番使いやすい「原稿用紙」を用意したくなります。
ComicStudioの場合は、それを「ユーザー」の「用紙テンプレート」として登録することが出来ます。

私の「ユーザー用紙テンプレート」はこんな感じになっています。

用紙テンプレート


自分の作業手順上、毎回必ず用意するレイヤーは、あらかじめ作っておきます。

  • 「描画領域」
    種類…………ガイドレイヤー
    • 外トンボに合わせてガイドを用意して、レイヤーロック
  • 「描画領域枠」
    種類…………ラスターレイヤー
    出力属性……仕上げ
    表示色………カラー
    • 外トンボよりも外のエリアを白で塗りつぶして、描画領域が確実に判るようにしたレイヤーを用意しています。
    • 通常表示色を「カラー」にしただけでは、「白」は「白」のままで表示されますが、「白」の表示色を別の色にしておくことで、「枠外の不要エリアを明示する」ことが可能です。
    • このレイヤーを、常に最上位においておくことで、断ち切りにベタや濃いトーンを使ったときでも、トンボが消えずに済みます。
    • このレイヤーもロックしておきます。
  • 「下書フォルダ」
    種類…………レイヤーフォルダ
    • パレット色を変えています。
  • 「下絵(Raph)」
    種類…………ラスターレイヤー
    出力属性……下描き
    表示色………カラー表示
    • 下絵用のレイヤーは必ず必要なので、初期状態で用意しています。
早かれ遅かれ「プロパティ」パレットの表示の意味をきちんと理解しておく必要があるので、後ほど整理して別記します。

●自分用の用紙テンプレートを登録しておく

まず「ファイル」→「新規作成」→「ページ」で、欲しい設定の新規ページを作成します。
その後、必要なレイヤーを作り、プロパティなどを変更してベースになるページを作ります。
最後に「ファイル」→「テンプレートとして登録」を選びます。
「用紙名」や「メモ」の設定をして登録すれば、いつでもこの用紙が呼び出せるようになります。

あらかじめ「枠線定規」や「フォルダ」が生成された状態で「作品」が用意されるので、作業の省力化を図ることが出来ます。
時間に切迫した状態で仕事をする場合、こういうちょっとした「省力化」が大きな差となる事もありますので、使える便利な機能はどんどん使っちゃいましょう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。