CELSYSのComicStudioをはじめとしたデジタル漫画のネタを中心に…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【久々】CLIP STUDIO PAINT PRO は5月31日発売

またもや半年近くの放置をしてしまいました。「三昧」どころの話じゃありません…
とは言え、ComicStudioとは切っても切れない生活なのは変わりません。

CPPRO
CELSYSさんから正式に「CLIP STUDIO PAINT PRO」の発売が正式発表されたことはすでに皆さん既知の通り。

一つ前のエントリーが「CLIP STUDIO」のことだったから、それこそすぐに記事にすりゃいいというのに、後回しにしていたせいでこんなタイミングになって、タイムリーさは全くありません。

しかし今更ながらですが、いよいよその発売が本月末に迫ったので、改めて気になる点だけ確認しておきたいと思います。

●CLIP STUDIO PAINTのラインナップは?

「CLIP STUDIO PAINT」は、事実上はIllustStudioとComicStudioの後継ソフトという位置付けです。
それぞれを統合して、「PRO」と「EX」の2つのグレードを用意することになっています。

CSPP_ROADMAP5月末に発売されるのは、「PRO」グレード。
イメージとしては「IllustStudioの後継」に近いものの、IllustStudioにはない「コマ枠レイヤー」「枠線カット」等「コマ漫画」関連ツールや「吹き出しレイヤー」が搭載されます。


キャプチャ2しかし「ComicStudio」の様に、複数のページ作品の作成・管理機能は搭載されていません。
漫画作品を作る上で複数ページの管理は絶対必要な機能なのは言うまでもありません。
これらの機能は上位グレードの「EX」に搭載されることになっています。


機能の違いは「CLIP STUDIO PAINT PRO/EX 機能一覧」に記載されています。

ここの機能一覧を見ると、単純に「IllustStudio」→「PRO」・「ComicStudio」→「EX」というわけではないものの、「PRO」を使っても単ページのマンガを描く機能は十分に備わっていると思われます。

ただ注意しなければいけないのは、「PRO」も「EX」も発売された段階で予定されている機能がすべて搭載されているというわけではない点。2012年冬以降のアップデートで対応させていく様です。
例えば、複数ページの書き出しや印刷機能が、ComicStudio相当となるのは、2012年冬以降の予定となっています。

●IllustStudioやComicStudioは今買ってもいいのか?

「CLIP STUDIO PAINT PRO」は5月31日より「ダウンロード版」と「バリュー版」(月額利用)、7月6日に「パッケージ版」が発売されます。
上位グレード版の「CLIP STUDIO PAINT EX」は2012年秋発売予定となっています。

「IlustStudio」と「ComicStudio」は「CLIP STUDIO PAINT PRO/EX」の発売後もしばらくの間は販売継続されるようですが、新しい「CLIP STUDIO PAINT PRO/EX」が出るならわざわざ「IllustStudio」や「ComicStudio」を買うのは意味が無いように思うかもしれません。

しかし「IllustStudio」「ComicStudio」の正規ユーザーには、「CLIP STUDIO PAINT PRO/EX」の優待提供サービスが用意されています。

CLIP STUDIO PAINT の優待提供について

まだ「IllustStudio」や「ComicStudio」を持っていない人は、どれを買うのが一番お得なのか…?

ズバリ「ComicStudioPro 4.0」が一番コストパフォーマンスがいいみたいですね。



「CLIP STUDIO PAINT EX」の無償提供が得られるのは「ComicStudioPro 4.0」と「ComicStudioEX 4.0」です。2012年5月時点で「ComicStudiPro 4.0」の最安値は¥16,000前後、「ComicStudioEX 4.0」の最安値は¥31,000前後。
「CLIP STUDIO PAINT EX」のダウンロード版の価格が¥22,000だということを考えれば、今「ComicStudioPro 4.0」を買っておけば、まず「CLIP STUDIO PAINT PRO」を無償で利用することができ、「EX」発売後は、そちらを無償で利用できるというわけです。

もちろん既に「ComicStudioPro」か「EX」を持っている人は、そちらを使いながら、「CLIP STUDIO PAINT PRO/EX」への移行を徐々に行うという使い方が理想的でしょうね。

●新規で買うなら「バリュー版」がお得!

「CLIP STUDIO PAINT PRO/EX」は「パッケージ版」と「ダウンロード版」に加えて「バリュー版」を選択する方法もあります。
現在のCLIPで提供されている「月額利用」の改訂版のサービスだそうです。

今の「月額利用」だと、長期的に利用した場合、結果的に購入したほうが安くなることになります。それならいっそ最初からパッケージなりダウンロード版なり購入してしまったほうが良かったということも…このサービスは、ちょっとお試しでひと月ふた月使ってみるというのには手頃ですが、本格的に長期利用したいユーザーにとってはあまりいいサービスとは言えず、実際にそういう意見はCELSYSにも届いていたようです。

そこで、「一定期間以上継続利用してくれたユーザーは正規ユーザーライセンスをもらえる」という形にしたようです。
計算
ここで注目すべきは、一括でダウンロード版を買った時の金額と、継続利用してライセンスをゲットできるまでにかかる金額です。面白いことに「月額利用」の方がお得なんですね。

まさに「バリュー版」というわけです。

●「IllustStudio」や「ComicStudio」のファイルとの互換性は?

「IllustStudio」ユーザー・「ComicStudio」ユーザーにとって「機能」や「操作性」がどれくらい踏襲されてさらにグレードアップされているのかは、とても重要で気になる点ですが、「データの互換性」は特に重要なポイントとなります。

「ComicStudio」は保存バージョンが違う場合、データに完全な互換性はありません。例えばVer3とVer4では、扱うことができるレイヤーの種類が違うために、Ver3で作成したデータをVer4で開くと予期せぬ結果になっていることが時々あります。
また、「IllustStudio」で「ComicStudio」のデータを開く場合も、「IllustStudio」にはないレイヤーはロックされた状態となり編集ができません。

互換性CELSYSの発表によると、「EX」はほぼすべてのファイルや各種ツールセット等の互換性を保つようになるようですが、「PRO」では、不十分な様です。
「CLIP STUDO PAINTの機能一覧」のページの末尾参照)

「IllustStudio」形式でもある.xpgファイルの読み込みも、発売当初は未対応の様なので、完全移行するためには、細かいアップデートをしていく必要があるという訳です。


ちょっと心配なのは、「素材によっては移行できない場合があります。」と記載されている点です。
データの形式が変わったため、完全移行が出来ない可能性があるのかもしれません。せっかく今まで苦労して作り貯めたりCLIPの「素材を探す」で集めた素材が使えなくなってしまうというのは、正直すごく困ります。
移行できないのがどのような形式の素材なのかが判れば、該当部分を変更することで移行させることもできるので、その点はぜひとも詳しくアナウンスして欲しいところです。

いよいよ迫った新ペイントツールのリリース、発売日が楽しみです((o(´∀`)o))ワクワク
スポンサーサイト

【コミスタが消える?】新ペイントツール 「CLIP STUDIO」…?

セルシスから、いきなり重大発表がありました。

(以下、公式よりの引用のままです)

新ペイントツール 「CLIP STUDIO」についてのお知らせ

創作活動応援サイトCLIP内のCLIP Labにて、ご試用いただいているソフトウェア「CLIP PAINT Lab」を、「CLIP STUDIO」として2012年春に正式にリリースすることを決定いたしました。

「CLIP STUDIO」は、64ビット、マルチコア対応の新開発描画エンジン(「TRIGLAV」エンジン※)をベースに、IllustStudio、ComicStudioでつちかった機能をより使いやすく洗練させると同時に、新たな機能も搭載した次世代のペイントツールとして、Windows版とMac版を同時にリリースいたします。製品は、1万円を大きく下回る価格で提供させていただく予定ですが、IllustStudioならびにComicStudioをご利用いただいているすべてのユーザー様には、リリース後も製品版を無償にてご使用いただけることといたします。

また、2012年夏には、複数ページ作品制作や詳細な印刷設定機能等の、より高度な機能を搭載した「CLIP STUDIO」の上位グレード製品を、2万円前後の価格でリリースいたします。この上位グレード製品は、ComicStudioPro/EXの全ユーザー様は無償でご使用いただけ、「CLIP STUDIO」、IllustStudioならびにComicStudioDebutのユーザー様には優待価格でご提供いたします。

「CLIP STUDIO」のリリースにあわせ、今後、IllustStudioならびにComicStudioの大きな機能追加は予定しておりません。現在販売中のIllustStudioならびにComicStudioの各バージョンは、2013年末まで販売を継続させていただき、不具合などの修正も対応いたします。「CLIP STUDIO」は、IllustStudioならびにComicStudioで制作されたデータや素材を活用できますので、引き続きIllustStudioならびにComicStudioをご利用いただき、「CLIP STUDIO」もあわせてご活用ください。「CLIP STUDIO」ならびに上位グレード製品の機能などの詳細につきましては、順次、当サイト等で最新情報をお知らせいたします。

私たちは、ネットワークの高速化、PCの性能向上、スマートフォン・タブレット等の新しいデバイスの普及等、創作活動を取り巻く環境が大きく変化する中、クリエイターの皆様に本当に役立つ製品を、皆様と一緒に、初心に立ち返り育てていきたいと思います。「CLIP STUDIO」は、そうした思いで製品としてリリースすることといたしました。また、新機能・新ツールへの十分な移行期間を設ける等の活動を通して、皆様が安心して創作活動を継続できるよう努めて参ります。

2010年に発表いたしましたMac対応のイラスト作成ツールをお待ちいただいているお客様におかれましては、「CLIP STUDIO」をご使用いただければ幸いです。お待たせしており、申し訳ございません。

「CLIP PAINT Lab」をご試用いただき、「CLIP STUDIO」に対するご意見、ご要望をお寄せいただきたくよろしくお願いいたします。

株式会社セルシス 事業部管掌取締役 成島 啓



早速、野間美由紀先生もブログにも書かれていらっしゃいます

今、作業が忙しいので、思うところは改めて書こうかと思いますが、この発表の中で一番危機感を感じた点は…

「CLIP STUDIO」のリリースにあわせ、今後、IllustStudioならびにComicStudioの大きな機能追加は予定しておりません。


この部分です。

これの意味するところは、事実上「コミスタ」と「イラスタ」は消えてしまうということです。

「CLIP PAINT Lab」の開発の方向性から、「IllustStudio」が「CLIP PAINT Lab」に置き換えられるのかな、と推測していましたが、まさか「ComicStudio」も合わせて完全統合することになるとは、正直驚きました。
「ComicStudio」の機能強化や改善が最近停滞していると感じてはいましたが……

「CLIP STUDIO」が「ComicStudio」と「IllustStudio」の機能のすべてを持った上で、更に機能アップされる…という事になってもらわないと、ユーザーとしては困るわけですが、果たして大丈夫なんでしょうか?


セルシスは、ComicStudioV4、IllustStudioの開発時には、積極的にユーザーの意見を取り入れてきました。ベータ版を公開し、マンガを描きイラストを描く人の生の声を聞きながらアプリケーションの開発を進めてきたのです。

「ComicStudio」と「IllustStudio」の替りに登場することになる「CLIP STUDIO」の開発では、ぜひとも「ComicStudio」の次期バージョンに対する多くの要望を取り入れて欲しいものです。かなりの数の実現されていない要望が蓄積されているはずです。

個人的には、64bit対応になってくれるのはむしろ当然としても、以下の点は絶対強く申し上げておきたいです。

●「作品」で扱えるページ数の上限を増やして欲しい。
現在99ページまでしか作れません。(ナンバリングは四桁数字なのに…)

●任意の番号からページ番号をつけることが出来るようにして欲しい。
ノンブルは任意の番号から付けられますが、ページ番号は1ページ目からになります。
長編を分割して作業することが出来るようにしたい。そのためには、書き出し時に付加されるページ番号を任意の番号から付けられるようにして欲しい。

●ネームを作成する機能を強化して欲しい。
これは言い出したら色々長くなりますので…(^_^;)

●素材ウインドウは、「トーン」と「マテリアル」を分割して欲しい。
Ver3では別ウインドウだったものがVer4から改悪されてしまいました。これは切望しています。

●ファイルの復元や自動保存などの機能や、作品ファイルの管理などの強化が欲しい。
これは、仕事で使う場合、ファイルの管理がものすごく重要になるので、ぜひとも強化して欲しいところ。

……ううん…まだまだたくさんあるぞ…?

落ち着いたらこの件についてはまた記載しますね。

【Mac版】早速インストールしてみました

10.5が到着したので、早速Powerbookにインストールしました。
バージョン一つ飛ばしているので、思い切ってHDD初期化&クリーンインストールしました。
結構動作が全体的に重い感じだったので、クリーンインストールしておきたかったんです。
これは、ちょうどいい機会!

Leopardのインストは、HDDを認識しないという現象が起こって一瞬あせりましたが、ディスクユーティリティ経由でその件は回避。
そして、OSのインストール!
      :
      :
      :
初期化してのインストールなので、想像以上に時間が……(^^;)
      :

無事にOSのインストールが終わって、ComicStudio4.0のインストール。

ComicStudioのディスクは、Windowsと違って、DVD一枚にまとめられています。これは結構便利。
そして、特別にインストーラーが用意されているわけではなく、ただコピーするだけです。

Windowsではそれぞれ自力でインストールする必要があった素材も、どうやら最初から含まれている模様。自力でインストールが必要なのはComicStudioフォントだけのようです。

初回の起動時にシリアルナンバー入力とディスクの確認は、Windows版と同じです。

…で、起動してみました!

Macデスクトップ

Powerbookだと、デスクトップが狭いです…orz…
ウインドウ開くと描画ウインドウがこんなにも狭くて、ちょい作業はつらそうです。

実際に軽く鉛筆ツールで書き書きしてみましたが、10.3.9&3.0EXよりも、軽快に描けました。
まぁ、レイヤー増やしたらどうなるか判りませんが…

Windows版に慣れすぎているためか、ウインドウデザインやレイアウトに違和感がありますが、これは今だけの印象でしょうね。

使い勝手の面で一番気になったのは、Windowsでは最小化ボタンかバーのダブルクリックでカンタンに出来た「各ウインドウをバーだけにする」事が一切出来ないのは不便。ファンクションキーで出したり隠したり出来るとはいえ、Powerbookだと「fn」キー押しながらになるので、はっきり言って不便です。

Macウインドウバー
  ↑赤いボタンを押すとウインドウが隠れます。

ウインドウバー
  ↑[ _ ]をクリックするとウインドウを最小化します。

狭いデスクトップだと、この差は結構痛いです。
やっぱノートパソコンでの作業はきつそうですね…

【Mac版発売】ユーザーガイドが第二版に…

サブマシンとして一応現役中の唯一のMacは、PowerbookG4の1.25GHzです。
メモリは2GB載せていますが、ComicStudioEX3.0は相当もっさりとしていて、正直キツイです。

こんな二世代?三世代も前とも言えるMacですが、やっぱりComicStudio遣いとしてはぜひとも使いたいところ。
さらに言うと、「キャラコミメイキング」も今後Win・Mac両対応で描くべきですし、それぞれの細かい相違点にも注目するべきだと言うことで、入手させていただきました。

さて、早速インストール……と思ったんですが、ちょっと前のエントリーでも書いたとおり、OSのバージョンは10.3.9でストップしています。このCPUで10.5は不安ですが入手しました。
(現在配送中なので、まだ手元にはありませんが…)

アプリケーションが移植されて、どのようにチューンアップされているかも興味がありますが、まずは「ユーザーガイド」を開いてみました。

おお!
予測はしてましたが、やっぱりWindows版(初期出荷版?)に入っていたユーザーガイドとは同じではありませんでした。

手に取って……
「うにゃ?なんだか重いぞ?」

厚さを比べてみたら一目瞭然!
ユーザーガイドの厚さ違い

明らかに分厚くなってる??!

ページ数は…?
索引の最終ページを見てみると…
ページ数

MAC版のユーザーガイド→477ページ

Windows版のユーザーガイド→421ページ

うわ!50ページ以上増えてるってか?!

版数違い
Mac版の発売に合わせて「第二版」になったようです。

ぱらぱらと眺めると、4.0発売以降のアップデートで追加された機能の記載や、フィルタや素材に関する項目の追加説明が増えているようです。
細かく検証すると差がハッキリするんでしょうけど、さすがにページが多いので、それはおいおいと…

ユーザーガイドを読むと、結構新しい発見があったりするので、暇なときに読むことをオススメします!
ユーザーガイド


ところで、今後発売されるWindows版も「第二版」になるんでしょうか?
ユーザーガイド、大分ボロボロになってきたので、有償でもいいので、予備が欲しいところ。

最近増えてきた電子マニュアルは、参照しながら操作できないので、ちょっと不便…

【早速ゲット!】SAM TRADINGのトーン素材集

THで始まる番号のトーンといえば、SAM TRADINGのトーン。
そのSAMからComicStudio4.0に対応したトーン素材集が出ました。

SAM TRADING トーン素材集 Vol.1SAM TRADING トーン素材集 Vol.1
(2008/08/29)
Windows XP

商品詳細を見る

いやぁ、結構好きなタイプのトーンが登録されていてうれしい限り!

収録素材サンプルはこちらに…

SAM新トーン張替え前SAM新トーン

個人的には同人のほうでのんびりと描いている大正時代モノで使いたい和柄のトーンがいっぱい収録されていて、即ゲットです!
奥さんからの誕生日プレゼントでした。
リクエストしたら買ってくれました。
ありがとう♪

描いてるの、女中さんものなんですね。
女給さんじゃなくて、女中さんね!
あ☆やっぱ当然というかエロです。
エロ度はソフトですけどね…

話がそれました…

その中の扉絵から一部分抜き出して、トーンを張り替えてみました。
左が貼り換え前。右が貼り替え後です。


結構使い出があるデザインラインアップです。

コントラストや明るさを変更することで印象を帰ることが出来ますので、無限の表現方法があるのがComicStudioのトーンのいいところです。
拡大縮小できるのは、もう言うまでも無く…
そのため、グレートーンは汎用性が高くて大変重宝します。

一度ComicStudioのトーンを知ってしまうと、もうアナログに戻れません。いやはやホントに。

Vol.1って事は、次々とリリースしてくれるんでしょうか? 結構本気で期待してます。

ICも出してくれないかなぁ…
DELETAはComicWorksがあるから無理だろうけど…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。